TOKYUSNOWRESORT

たんばらスキーパーク

スキー&スノーボードのレンタル最新事情と「たんばらスキーパーク」のレンタル情報

群馬県のおすすめスキー場 たんばらスキーパーク スキーレンタル 

スキー&スノーボードには欠かせないギア・ウェア。購入するか、レンタルするか、悩ましいところですよね。購入・レンタルには一長一短があります。

購入のメリットとしては、たとえば、自分のギア・ウェアを手に入れることで上達志向が強まったり、自分に最適なギアを使えたり。デメリットは購入費用がかかったり、荷物になったり。

一方のレンタルのメリットは、スキー場までのアクセスが手ぶらで楽ちんだったり、子供なら常に自分に最適なサイズのものが借りられたり。一方のデメリットは滑りに行く回数によっては購入よりもお金がかかってしまうことも。

さらに、レンタルというと「安かろう・悪かろう」のイメージを持っている方も多いとは思いますが、最近のスキー場はレンタルショップを重要視し、毎年、最新のギア・ウェアを入荷しているところも増加傾向にあります。

今回は、そんなレンタルギア・ウェアの最新事情と「たんばらスキーパーク」(群馬 沼田市)のレンタル情報をご紹介。レンタルの優れた点を理解していただいたうえで、レンタルにするのか、購入にするのか、判断してみてはいかがでしょうか?

目次

スキー&スノーボードのレンタル最新事情

群馬県のおすすめスキー場 たんばらスキーパーク スキーレンタル 

スキー&スノーボードに必要不可欠なウェア・ギア・小物

スキーやスノーボードの滑走には欠かせないウェア・ギア・小物類。ここでは、選択するうえで重要なポイントなどもあわせてご紹介していきます。

スキー&スノーボードウェア

雪の上で遊ぶレジャー、スキー&スノーボードは専用ウェアの着用が欠かせません。雪上ですから防水機能(耐水性)は必須ですし、寒さをしのぐ防寒性も重要です。

さらに、スキー&スノーボードは思った以上に身体が熱くなり蒸れやすいので、ウェアのなかの汗を外に排出するよう、透過性にもこだわりたいところ。そんな特徴を備えて生まれたのが、スキー&スノーボードウェアというわけです。

もちろん、機能性だけでなく、ファッション性も重要ですよね。最近は「たんばらスキーパーク」のように、自分で好きなデザインのウェアを選べるレンタルショップも増えてきたので、好みの1着を見つけましょう。

なお、スキーウェアのなかに着用するインナー(肌着)はご自分でご用意を。保温機能もさることながら、身体が熱くなり汗をかくスポーツですので、発汗性にも意識しましょう。子供は肌着の着替えを用意するのもおすすめです。

スキー&スノーボード板

スキー板やスノーボード板には様々な種類があり、滑走のスタイルやレベルによって選ぶのが基本です。また、体型によっても選ぶべき長さが変わってきます。

レンタルショップにはオールラウンドに使えるタイプが揃っているので、まずは、レンタルを上手に使って自分の滑りを磨きましょう。

上達してきたら、自分のギアを購入するのもおすすめですし、上級者向けのエキスパートレンタルを活用するのもいいですね。

なお、スキー板やスノーボード板にはブーツを固定するためのビンディングがセットされています。

スノーボードならスタンス(レギュラーorグーフィー)などで取り付ける角度の調整、スキーなら転倒時のケガ予防のための開放値の調整と、ともに設定が必要ですが、レンタルショップではしっかり調整してくれるので、安心して滑走することができます。

スキー&スノーボードブーツ

スキー&スノーボード板以上に、滑走に大きな影響を与えるのがスキー&スノーボードブーツだといわれています。

スキーブーツはリアエントリータイプとフロントバックルタイプに大別されます。初心者、なかでもキッズは着脱のしやすいリアエントリータイプがおすすめです。

一方のスノーボードブーツはスキーブーツのようなハードシェルではないため、かかとが浮いたりしないフィッティング性能が要求されます。が、じつは、運動靴のように紐できつく締めるのは初心者には至難の業。そんな悩みを解消してくれたのが「BOA」というNEWシステムです。

ダイヤルを回せばブーツを簡単に締められるから、子供でもしっかりとブーツをフィットさせることが可能。これだけで、間違いなく上達は早まりますよ。

スキーストック

スキーストックといえば、スキー滑走中のバランスを保ったり、スムーズなターンの切り替えに使用したり、平らなコースを進む際、漕ぐように使ったりします。スノーボードでは使わない、スキー特有のギアです。

ストックの長さは身長で決まります。一般的に、ストックを握ったときに肘が90度になる長さがぴったりといわれています。

小物類

衛生上、レンタルよりも購入をおすすめしたいのが、ニット帽・ゴーグル・グローブです。それぞれ、頭・目・手を守る必須アイテムですが、じつは、忘れ物の3大アイテムでもあります。

レンタルとして用意されていないスキー場も多いので、出発前には、しっかり荷物のなかに入っているかチェックしましょう。もちろん、スキー場売店で販売されていますし、「たんばらスキーパーク」の売店はスキーショップ顔負けの品揃えなので、万が一、忘れたとしても安心です。

スキー&スノーボード関連グッズのレンタル方法

群馬県おすすめのスキー場 たんばらスキーパーク スキーレンタル レンタルスキー

スキー&スノーボード関連グッズについて執筆してきましたが、ここからはレンタルの方法についてご紹介していきます。

レンタル方法としては、おもに、下記の3つのパターンがあります。
(1)スキー場で借りる
(2)ツアー申込の際に一緒に依頼する
(3)WEBレンタル店で借りる

それぞれについて、ポイントを説明していきましょう。

(1)スキー場で借りる

もっとも利用者が多いレンタル方法がこちら。スキー場直営レンタルショップで借りる方法です。

最近のスキー場直営レンタルショップは最新のギア・ウェアを取り揃えていることが多いので、おすすめ。また、ブーツのサイズが小さいとか、ちょっとした不具合があった際もすぐに替えてもらえるので安心です。

なお、「たんばらスキーパーク」のように、WEBで事前決済ができるスキー場も増加傾向にあります。とくに週末、レンタルショップは混雑しがちですが、事前決済をしておけば、ストレスなくレンタルすることが可能ですよ。

(2)ツアー申込の際に一緒に依頼する

リフト券や宿泊費に行き・帰りの交通費などがセットになったスキー&スノーボードツアーでレンタルを申し込む方法もあります。

「たんばらスキーパーク」へのツアーの場合、スキー場直営レンタルショップを利用するため、ギアもウェアも比較的新しいものが借りられますし、なにかの不具合にもすぐ対応してもらえるので安心です。

(3)WEBレンタル店で借りる

最近はインターネットを利用したレンタル専用のショップも増えてきました。送料を負担すれば、自宅に届けてくれる宅配サービスですが、スキー場まで持っていく手間は生まれるため、電車でのアクセスや余裕のある大きめの車がない場合はおすすめできません。

一方で、シーズンレンタルは複数回滑りに行く人向け。多く滑りに行けば行くほど、お得なので、購入するかシーズンレンタルかで検討するのもいいでしょう。

主なスキー場のレンタル料金

参考までに、国内の主要スキー場のスキー3点セットやスノーボード2点セット、ウェアのレンタル料金をご紹介します(2022/23シーズン)。

GALA湯沢スキー場(新潟県) ウェア(1日):大人5,000円/子供3,000円
スキー3点セット(1日):大人6,000円/子供3,500円
スノーボード2点セット(1日):大人6,000円/子供3,500円
上越国際スキー場(新潟県) ウェア(1日):大人3,500円/子供2,500円
スキー3点セット(1日):大人4,000円/子供3,000円
スノーボード2点セット(1日):大人4,000円/子供3,000円
苗場スキー場(新潟県) ウェア(1日):大人4,000円/子供3,000円
スキー3点セット(1日):大人5,500円/子供3,500円
スノーボード2点セット(1日):大人5,500円/子供3,500円

「たんばらスキーパーク」のレンタル最新情報

たんばらスキーパーク スキーレンタル レンタルスキー_ユーザー別“スキー&スノーボードデビュー”や“ファミリースキー”の聖地のような存在「たんばらスキーパーク」(群馬 沼田市)は、当然、レンタルにとても力を入れています。

ここからは、たんばらスキーパークのレンタルショップの特徴やレンタル手順、さらには、2023/24シーズンのレンタル料金などをご紹介していきます。

「たんばらスキーパーク」レンタル料金表

たんばらスキーパークのレンタル料金は下記の通りです(2023/24シーズン)。

スキー3点セット(1日) 大人5,000円/小学生3,200円/キッズ(未就学児)2,200円
スノーボード2点セット(1日) 大人5,000円/小学生3,200円/キッズ(未就学児)2,200円
ウェア(1日) 大人4,300円/小学生2,600円/キッズ(未就学児)1,600円
スキーorスノーボードセット&ウェアセット(1日) 大人8,200円/小学生4,800円/キッズ(未就学児)3,200円

詳細はレンタル料金表をご覧ください。

「たんばらスキーパーク」のレンタルの特徴

たんばらスキーパークのレンタル用品ラインナップについて、特徴的なポイントをご紹介します。

機能性とファッション性を兼ね備えたウェア群

スキー&スノーボードウェアに求められる機能として、防寒性や耐水性、透過性についてご紹介しましたが、たんばらスキーパークのレンタルはそんな機能性に加え、ファッション性をも兼ね備えた商品群となっています。

ラインナップは600着以上。そんななかから、自分で好きなウェアを選べるのもうれしいポイントです。

スキー板はHEAD&ROSSIGNOLの最新モデル

スキー板のラインナップは「HEAD(ヘッド)」と「ROSSIGNOL(ロシニョール)」の2ブランドで、その数600セット。すべてカービングスキーで、かつ、初心者でも乗りやすいオールラウンドモデルをご用意しております。

サイズは大人が140~170cm、子供が70~140cm(10cm刻み)。70cmという短いサイズのスキーがあるのはかなり希少。スキーブーツも16cmから用意があるので、小さな子もジャストサイズのレンタルが可能です。

話題のBurton「STEP ON🄬」ビンディングも

スノーボード板のレンタルは、「ROSSIGNOL(ロシニョール)」と「Burton(バートン)」の2ブランドで、950セットをご用意。サイズは大人が135~166cm、子供が88~130cmです。

そして、2023/24シーズン、待望のBurton「STEP ON🄬」ビンディングを750セット入荷。「STEP ON🄬」はビンディングの着脱が一発でできる画期的なシステムです。レンタルには最適なビンディングシステムとして人気を博しています。

女性やお子様にも安心の品揃え

女性やファミリーも多いたんばらスキーパークでは、機能性だけでなく、ファッション性を兼ね備えたスノーウェアや、子供レンタルのサイズも豊富に取り揃えております。

安心して、手ぶらでスキー場までお越しください。

レディースレンタルの詳細はこちら

関連記事

この冬、ゲレンデデビューしたいとか、スキー&スノーボードに再挑戦してみようかな、なんて考えている女性には、簡単便利で満足度高めのレディース用レンタルを用意しているスキー場がおすすめ。 ギアやウェアを購入するとなると、懐事情的にハードルが一[…]

たんばらスキーパーク

子供用レンタルの詳細はこちら

関連記事

親子でスキーやスノーボードを楽しむなら、ギア&ウェアはレンタルが便利です。とくに、子供はすぐに身体が大きくなるので、年に数回であれば、レンタルが断然おすすめ。 今回は、子供用のスキー&スノーボードレンタルを借りる際に知っておきたいポイ[…]

たんばらスキーパーク

「たんばらスキーパーク」のレンタル手順

たんばらスキーパーク スキーレンタル レンタルスキー_ユーザー別

たんばらスキーパークのレンタルの流れをご紹介します。滑走当日、スムーズにレンタルして、滑走時間をなるべく長く取れるよう、事前に流れを把握しておきましょう。

事前に準備しておきたいこと

スキー&スノーボードギアをレンタルするには、借りる人の身長や足のサイズなどの情報が必要です。

■スキーギアのレンタルに必要な情報:身長・体重・足のサイズ・滑走レベル
■スノーボードギアのレンタルに必要な情報:身長・足のサイズ・スタンス(レギュラーorグーフィー)

スキーの場合、ビンディングの解放値の調整で体重や滑走レベルの情報が必要となります。

一方、スノーボードは滑る方向に対して、左足を前にして滑るか(レギュラー)、右足を前にして滑るか(グーフィー)でビンディングの取り付け向きが変わります。わからなければ、レンタルスタッフにご相談ください。

レンタルショップでスムーズに借りるためにも、これらの情報は事前に把握しておくようにしましょう。自分の情報はわかっても、子供の情報がわからないという方が多いので、パパ・ママは注意が必要です。

WEB事前決済がおすすめ!

たんばらスキーパークではレンタルのWEB事前決済もできます。滑りに行く日が決まったら、公式ホームページでWEB事前決済をすれば、混雑を避けてスムーズにレンタルすることも可能です。

WEB事前決済はこちらのリンクからお申し込みください。

群馬県おすすめのスキー場 たんばらスキーパーク スキーレンタル レンタルスキースキー場到着後のレンタルの流れ

ここからは、たんばらスキーパーク到着後のレンタルの流れをご紹介していきます。

(1)まずはレンタルショップへ

たんばらスキーパークに到着したら、リゾートセンターに向かって右側(駐車場側)のレンタルショップにお越しください。

(2)レンタル専用受付で簡単入力

レンタル専用受付で、レンタルWEB事前決済をされたお客様はメールに届いているQRコードをスキャンして出てきたレシートをお受け取りください。事前決済をされていない場合は、専用の端末で必要事項を入力してからレシートを出力してください。

(3)レンタル料金をお支払い

レンタルWEB申込時にお支払い方法を「現地決済」にされたお客様、および、事前申込をされていないお客様は、現金・QRコード決済・電子マネー・交通系IC・クレジットカード等でお支払いください。

なお、レンタルWEB申込でお支払い方法を「クレジットカード決済」にされたお客様は現地でのお支払いは不要です。

(4)スキー&スノーボードブーツを試履

スタッフが選んでくれたブーツを試履します。つま先があたる、甲の部分がきついなど、違和感がある場合は遠慮なくスタッフに相談してみましょう。

なお、大人のスキーレンタルで履きやすいリアエントリータイプのブーツを希望される場合はスタッフにお伝えください。

(5)スキー&スノーボード板を受け取る

ブーツが決まったら、次にスキー&スノーボード板を借ります。スキーの場合、ビンディングの調整にブーツが必要なので、借りたブーツの片足をスタッフに渡します。

スノーボードはビンディングの調整にブーツは不要ですが、スタンスが「グーフィー」の場合は申告してください(スタンスがわからない人はスタッフにご相談ください)。

板を受け取ったら、スノーボードはギアレンタル完了です!

(6)スキーストックを自分で選ぶ

スキーレンタルはストック(ポール)までがセットになっています。レンタルショップ出口付近にサイズごとに並べてありますので、ご自分で好みのサイズを選びましょう。

ちなみに、ストックの長さは、一般的にストックを地面にまっすぐ突いて、ストックのグリップを握ったときに肘の角度が90度になる長さが基準とされていますが、もう少し長く、もう少し短くと好みで選んでも大丈夫です。

こちらで、スキーもギアのレンタルは完了となります。

(7)レンタルウェアを選んで着替える

ウェアのレンタルは、ギアのレンタルを借りる場合はいちばん最後になります。600着以上あるレンタルウェアから、自分に合ったサイズでお気に入りをピックアップ。選んだあとはレンタル棟2階にある更衣室で着替えて、さぁ、ゲレンデへ。

(8)滑り終わったあとは

たっぷり滑ったあとは、指定された返却時間までにレンタルショップへ借りたスキー&スノーボード板やウェアをご返却ください。

とってもお得なWEB前売券販売中!

群馬県おすすめのスキー場 たんばらスキーパーク スキーレンタル レンタルスキー

リフト券は「たんばらスキーパーク」公式ホームページで事前購入が断然おすすめ! 事前にWEBで購入しておけば、当日は自動発券機でリフト券をゲット。リフト券売場に並ぶことがないから、時間を有意義に使うことができます。

リフト券のWEB購入はこちらをご覧ください。